スーパーT部長.net

アクセスカウンタ

zoom RSS 小湊、お前もか その4

<<   作成日時 : 2011/12/09 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 今日は、有休を使って、東京ビッグサイトで行われている「東京モーターショー2011」を見に行ってきました。自宅から最寄り駅までは、小湊の路線バスを利用しましたが、その時に来たのは、エルガノンステの22-20号車でした。

画像


 22-20号車は昨年導入された個体で、従来の小湊のいすゞ車と違い、デンソー製のクーラーユニットを載せている点は、以前このブログで紹介済みですが、今回乗車したら、従来の車両と比べて、2つの違いを発見しました。

@中扉の開閉時は、以前はブザーが鳴っていたが、この車両の場合は、「ピンポーン、ドアが開きますor閉まります。」と、音声で知らせるようになっていた。
A前扉と中扉の間にある横向きの座席(優先席)の生地の色が、従来は赤だったが、この車両においては、普通の席と同様、青色になっていた。

 また、22-20号車には、最近になってサイドに、千葉市内にあるパチンコ屋さんのパートラッピングタイプの広告が貼られています。ちなみに、そのパチンコ屋さんは、千葉中央バスの路線車に広告を出稿しているお店と同じです。

(おまけ)
画像

画像


 エルガのノンステといえば、今回のモーターショーの、いすゞ自動車のブースに、ハイブリッドモデル(参考出品)が展示されています。ハイブリッドの路線バスのバッテリーは、BRCやエアロスターの場合は、屋根の上の「大きなコブ」の中に入っていますが、エルガの場合は、「コブ」がなく、最後部の席のそば(2枚目の写真の左奥)に入っているようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
皆様、こんばんは…。
さて、いすゞの低公害バスといえば、かつて、ポスト新長期排出ガス規制施行前までは、「CNG-MPI」と呼ばれる、天然ガス仕様車がありましたよね。洞爺湖サミットの関係者用シャトルバスとしても使用され、注目を集めましたが、インフラ(充填施設)の整備の関係と、排ガス規制強化との兼ね合い等で(?)、販売が終了してしまい、私は「惜しいなぁ。」と思っています。
いすゞエルガのハイブリッドが販売されれば、同じジェイ・バス製の「ブルーリボンシティハイブリッド」との関係が、微妙になるものとおもわれますが、実際のところは、いったいどうなるのでしょうか…(?)。
それでは、また…。
フラワー
2011/12/10 23:30
>>フラワーさん
 こんにちは(^ ^)/
 おっしゃっている低公害バスって、エルガノンステのCNG車のことでしょうか? もしそうでしたら、私は4年前のモーターショーで見たことがありますよ。しかし、あのタイプのバスを導入した事業者って、どのくらいいるのか、気になりますよね。少なくとも千葉県内では見かけなかったけど…。
 エルガのハイブリッド、市販化されたら、BRCハイブリッドはどうなるのか、私も気になります。生産を継続するのか、それとも、絶版になって、その代わりにBRUのハイブリッドを出すのか…。
スーパーT部長(作者)
2011/12/11 12:03
小湊、お前もか その4 スーパーT部長.net/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる