スーパーT部長.net

アクセスカウンタ

zoom RSS 長電バスのBRCハイブリッド

<<   作成日時 : 2011/08/14 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 先週の前半は、2日間の休みを取って、長野に行ってきました。今回は、その時に撮ったバスの写真の中から、長電バスのBRCハイブリッドを3種類紹介します。

画像

画像


 1台目は、千葉工業大学のラッピングバスとなった、「長野200 か ・986」です。同大学は、習志野市内にキャンパスがありますが、県外を走る路線バスに広告を出して、学生を呼び込めるのかどうか、個人的に気になります。余談ですが、川中島バス(現在はアルピコ交通に社名変更)には、國學院大學のラッピングが施された路線バスがいます。

画像


 2台目は、長野県の人権啓発キャンペーンのラッピングバスとなった881号車です。ラッピングには、地元の小学生が描いた絵がそのまま入っています。

画像


 BRCハイブリッドは、昨年の夏にマイナーチェンジがありましたが、長電バスには、マイナーチェンジ後のモデル(LJG代)も導入されています。マイナーチェンジ後のモデルは、屋根の上のクーラーユニットの形状が従来のモデルと比べて異なっていて、ホイールはISO方式の10穴のものを履いています。なお、以前のエコカーワールド(昨年)の記事でも触れましたが、LJG代のモデルは、アイドリングストップの機能が働いているときでも、エアコンが効くことが最大の特徴になっています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは…。
さて以前、千葉中央バスが、県外にある「国際医療福祉大学」のラッピングバスを走らせていましたけれども、長野県には「千葉工業大学」のラッピングバスとは…驚きです。同大学は歴史もありますし、学生数から言って「マンモス大学」ともあらわせると思いますので、思うに信州出身の学生も多いのでしょうね。
さて、日野ハイブリッドバスといえば、ポスト新長期排出ガス規制が昨年施行されてから、セレガの方が販売が途絶えましたね。やはり、開発費と販売目標価格との兼ね合いのあたりが難しいのでは(?)と、自分のような素人は考えてしまいます。
それでは、また。失礼致します…。
フラワー
2011/08/14 22:58
>>フラワーさん
 調べてみましたが、千葉工大って、もう少しで設立から80周年を迎え、日本の工業大学では規模が大きいんですよね。でも、なんでPRの地は長野なんだろう…。
 国際医療福祉大学のラッピングバス、かなり前にここで紹介しましたが、種車はLV+7Eワンステの「千葉200 か ・875」でしたよね。
 セレガハイブリッドの販売の中断、現行の排ガス規制に対応する技術の開発が進んでいないことが背景にありそうな気がします。関係ないけど、過去に排ガス規制が理由で日本車のスポーツカー(スープラ・RX-7など)の製造・販売の打ち切りが相次いだことがあったくらいだし…。
スーパーT部長(作者)
2011/08/15 22:18
こんにちは。
先日知ったのですが、袖ヶ浦ナンバーのルートマスターがイベントで引っ張りタコらしいんです。
どこの所属かわかりますか?(袖ヶ浦230さ2018・袖ヶ浦200さ1889・袖ヶ浦200は309)
もこ
2011/08/26 17:52
>>もこさん
 袖ヶ浦ナンバーのルートマスター、私も実物を見たことがありますが、どこの会社が所有しているのかは、あちこち検索してもわかりませんでした(汗)。
スーパーT部長(作者)
2011/08/27 22:52
長電バスのBRCハイブリッド スーパーT部長.net/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる