スーパーT部長.net

アクセスカウンタ

zoom RSS モヒカンジェット

<<   作成日時 : 2010/03/07 23:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

 先日の北陸旅行の際、羽田空港の第2ターミナルで往路の旅客機を待っていたら、見慣れないカラーリングの旅客機を目撃しました。

画像

 
 この旅客機は、全日空の旧カラーリング(俗に言う「モヒカンジェット」)で、そのカラーリングが誕生してから40周年を迎えたのを記念して、昨年の12月に登場したものです。昔のカラーリングを復刻した旅客機を運航するのは、日本の航空会社では、今回のANAが初めてとなります。

(おまけ・その1)
画像


 例の旅客機と同じ場所で見かけたANAの社用車(旧型日産エクストレイル)、ナンバーから、公道を走ることができず、ターミナルの敷地内専用の車として使われているようです。しかし、リアにフックのようなものが付いていますが、これは何に使うのでしょうか。

(おまけ・その2)
画像


 こちらは小松空港到着後に目撃した三菱ふそうザ・グレート(最終型)です。車体の形状や出光のマークやロゴがあることから、この車は旅客機に対する給油作業のために使用されているようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは…。
さて、昔、日本エアシステム等に、国産の「DC-10」という、プロペラ旅客機がありましたね。
懐かしいなぁ…。一度、搭乗してみたかったですね。(飛行機に搭乗するのは、怖いですけれど…)。
それでは、失礼致します…。
フラワー
2010/03/16 20:24
>>フラワーさん
 私自身、飛行機に詳しくないので、調べてみたのですが、フラワーさんがおっしゃっている国産のプロペラ旅客機って、YS-11のことではないでしょうか。DC-10だと、外国製のジャンボ機になってしまうので…。
スーパーT部長(作者)
2010/03/17 22:35
皆様、こんばんは…。
さて、スーパーT部長様のご指摘の通り、「DC-10」ではなく、「YS-11」の誤りでした。
お詫び致しまして、訂正させて頂きます。ごめんなさい…。
それでは、また。失礼させて頂きます。
フラワー
2010/03/17 22:51
>>フラワーさん
 自分も、DC-10について調べているときに、あれっ?と思っていたのですよ。DC-10は、先ほども触れた通り、プロペラ機ではなく、ジャンボ機で、製造も外国なので、国産のプロペラ旅客機にしては矛盾する点があったので…。
 それで、YS-11のほうですが、日本の航空会社にいた機体は今では全て現役引退しているものの、航空自衛隊・海上自衛隊・海上保安庁には今でも現役の機体がいるそうです。
スーパーT部長(作者)
2010/03/17 23:10
皆様、おはようございます。
さて、昨日のお昼の、NHK総合テレビのニュースによりますと、4月2日から、日本航空に、「エンブラエル170号機」が就航したそうです。
当分の間、「羽田〜南紀白浜」と、「羽田〜関西国際空港」の、2路線に使用されるそうです。
何のことやら、航空機のことは、よくわかりませんが、とりあえずご一報まで。
それでは、失礼致します…。
フラワー
2010/04/03 08:03
>>フラワーさん
 その旅客機、調べてみたらブラジルのメーカーが作った飛行機とのことでしたが、燃費が従来機と比べて大幅に向上している、とのことなので、JALの経営立て直しに一役買いそうですね。
スーパーT部長(作者)
2010/04/03 13:20
モヒカンジェット スーパーT部長.net/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる