スーパーT部長.net

アクセスカウンタ

zoom RSS JR東日本のエスティマハイブリッド

<<   作成日時 : 2009/12/27 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

 昨日、私用で出かけたついでに八幡宿駅前の銀行に寄った際に、↓のクルマを目撃しました。

画像


 このクルマは、ボディに表記が入っている通り、JR東日本が社用車として使っているもので、車種は現行型トヨタ・エスティマハイブリッドです。以前ここで取り上げた通り、ここの社用車は、グレードが高い乗用車が多数揃っていますが、社内基準を満たしていれば、グレードが高いクルマでも採用しているようです。ちなみに、エスティマハイブリッドは、一番安いグレードでも、車両本体だけで376万円もします。

(おまけ)


 この動画は、旧型エスティマ(後期)のCMです。以前私の親が乗っていたエスティマ、当初はこのCMのものと一緒かと思っていたのですが、動画を検索しているうちに、家にあったものとCMに登場したものとではグレードが違うことがわかりました(汗)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
JR東日本の社用車ですが、赤サイレンが取り付けられた車両も見かけます。

木更津駅にいると、JRやその関連会社(保線関係)の社用車以外に、日東交通の社用車(ビビオ)を良く見かけます。日東が社名入りの社用車を持っているのに対し、小湊鉄道の社用車は見かけないですね。小湊は鉄道部門でも社用車は見かけたことがありません。小湊の場合、仮に社用車がいたとしても、社名を入れていない可能性が高いと思います。
M
2009/12/29 10:43
>>Mさん
 赤色灯付きのJRの社用車、私は、現行型ウイングロード・旧型カローラフィールダー・最終型カペラワゴンを見たことがあります。なお、ウイングロードは、おととしの10月に公開した記事に写真を載せています。
 小湊の社用車ですが、私は現行型キャラバンとダイナ(トヨタの小型トラック)を見たことがあります。社名表記は、いずれのクルマにも入っています。
スーパーT部長(作者)
2009/12/29 20:53
社用車をみるのも面白いですね。
JRの赤色灯付の車両は、保線、電力、信号通信、土木の各技術センター、運輸区、車両センターのうち、宿直勤務体制のある職場のみに配置されます。ステーションワゴンが多いですが、鴨川運輸区はハイエースです。
駅は軽自動車が多いですが、佐原駅はホンダパートナーがいます。10年以上前、久留里駅に三菱リベロがいましたが、どこかの職場の統廃合で流れてきたようです。各支社内での移動もあり、ナンバーや車庫証明のステッカーが異なることもあります。
小湊鐵道のバス部は、塩田営業所でエルフ(パワーゲート付)とADバン、姉崎車庫でキャラバン(スーパーT部長さん記載の車両)、長南営業所でADバンを見たことがあります。いずれも社名表記があります。そのほか、五井の本社と塩田営業所に黒塗りのセドリックY31がいます。本社のセドリックは駅のホームから見ることができ、塩田の車は元タクシーで、ドアに社紋が残っていました。
木更津、大多喜、白子は社名表記なしの軽トラックのようで、社員の通勤用と判別できません。
鉄道部は分かる範囲で、牛久線路班に古いアトラスダブルキャブ(丸型4灯)、高滝線路班に旧型ダイナのダブルキャブ、高滝信号通信班にADバンがいますが、いずれも社名がありません。
千葉バス太郎
2009/12/31 00:35
>>千葉バス太郎さん
 JR&小湊の社用車に関する各種情報、ありがとうございます。m(_ _)m
 まず、JRのほうですが、駅にはたいてい軽ワゴン車がいることが多いですよね。私はエブリイorスクラム(マツダ)のバンを見た記憶があります。それと、赤色灯付きのクルマの配備は、そのような事情があるのですね。
 小湊のほうですが、タクシー落ちのY31は、私も見たことがあります。新車or中古車を買わず、タクシー落ちを使用する、ということは、調達コストを抑えようとしているのでしょうか。また、塩田のエルフ、私は見たことがありませんが、長南のダイナと同様、バス停のポールの交換作業に使用しているのでしょうねぇ。それと、牛久のアトラスと高滝のダイナ、コメントを読んでいるとかなり古そうな感じがしますが、いずれも排ガス規制のほうは大丈夫なのか、気になります。
スーパーT部長(作者)
2010/01/01 00:43
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
さて、牛久線路班(馬立駅にある)と高滝線路班のダブルキャブは、いずれもガソリン車だと思われます。
アトラスは20年以上前のモデルで、「袖ヶ浦44」、ダイナはデュトロと同じ車体となる前のモデルで「袖ヶ浦400」で始まります。こちらは10年前後でしょうね。
どちらも走行キロも少なく、屋根付き車庫にいるため(門扉付き)、物持ちがいいのかも知れません。
千葉バス太郎
2010/01/01 11:11
>>千葉バス太郎さん
 こちらこそ、今年も宜しくお願いします。
 牛久と高滝のトラックはいずれもガソリンエンジン車の可能性が高いですか…。ガソリンエンジン車なら、ディーゼル車みたいに排ガス規制が厳しくないんですよね。しかし、牛久のアトラスは20年以上前のモデルですか…。すごいですね。
 余談ですが、私が勤めている職場には、数年前まで、車齢20年を超える三菱ふそうの消防車がいました。
スーパーT部長(作者)
2010/01/01 15:16
こんばんは、あけましておめでとうございます。

まずJRの軽自動車ですが、補足すると直営駅でも小規模な駅や、グループ会社など(千葉鉄道サービス、馬来田駅ボランティアなど)に業務を委託している駅(委託駅)には配備されていません。基本的に駅長さんがいる駅(管理駅)に配備されていて、その駅を拠点に周辺の各駅を巡回しているのを良く見かけます。

小湊鉄道ですが、鉄道の車両はもちろん昔からのレトロな感じでいいですが、それ以外にも軌道バイクや自転車など変わったものを持っているというイメージが有ります。大糸線のキハ52が引退して以降は小湊のディーゼルもなおさら貴重なものとなります。
M
2010/01/01 22:52
>>Mさん
 JRの軽自動車に関する情報、ありがとうございます。全ての駅に配置されているとは限らないのですね。
 小湊の軌道バイク&自転車、年に2回体験乗車会が行なわれていて、今年も実施される予定です。詳細は小湊のHPに載っています。
スーパーT部長(作者)
2010/01/02 14:18
こんばんは…。
今日、自分は、千葉市美浜区にある、運転免許センターに行きまして、そのついでに、近くの「JR京葉車両センター」を、敷地外から見学して参りました。
JR東日本の社用車が3台いましたが、そのうちの1台が、真新しい「三菱ふそうファイター」の、赤サイレン付き平ボデー車でした。8ナンバーで、ワイドキャブ車ですので、狭い路地等での救援作業等には適さないな、と思いました。
以上、ご報告まで。失礼致します…。
フラワー
2010/10/24 18:28
>>フラワーさん
 赤色灯付きのJRの社用車は4トントラックもあったのですか…。ファイターって、真正面のデザインは何回か変わっているものの、真横(ドアまわり)のデザインはほとんど変わっていないんですよね。
スーパーT部長(作者)
2010/10/24 22:58
JR東日本のエスティマハイブリッド スーパーT部長.net/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる