スーパーT部長.net

アクセスカウンタ

zoom RSS 11月15日の収穫

<<   作成日時 : 2009/11/22 14:27   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 この日は、日帰りで山梨方面へ出かけたので、その時に撮ったバスの写真を何枚か公開します。

画像


 まずは、サントリー白州蒸留所で、工場の見学者の輸送に使われている富士重7Eの3ドア車です。一見すると、公式側にルーバーがあるので、シャーシはいすゞLVのように見えますが、実際は日産ディーゼルUAです(ホイールキャップ・ハンドルにある"NISSAN DIESEL"のロゴ・コーションプレートが判別のポイント)。このバスはツーステップで、前の出入り口には補助ステップが内蔵され、中央の出入り口には車椅子を載せるためのリフトが備えられています。また、このバスには、工場の構内専用車となっているためか、ナンバープレートはありませんでした。

画像


 続いても、サントリーのバスになりますが、こちらはキュービックワンステの3ドア車です。このバスは、先ほどの7Eと違って、リフトが装備されていないものの、スロープが備えられていて、さらに、公道でも走らせるつもりなのか、自家用のナンバープレートがついていました。なお、サントリーのキュービックはこのほかに、前+中扉(4枚折戸)の車両が1台います。また、蒸留所の敷地内で使われるバスには、蒸留所周辺に生息している鳥の絵が入っています。

画像


 例の蒸留所の駐車場で見かけた西武観光バスのセレガHDショート、西武グループにおいて、日野のバスは少数派です。また、この日、同所では、団体客を乗せたバスをこの他にも何台か見かけました。

画像


 地元のサッカーJ2チーム「ヴァンフォーレ甲府」のラッピングバスとなった、山梨交通のいすゞLV+富士重7E(ナンバー:山梨200 か ・306)、この車両は同社では珍しい組み合わせで、元川崎市交通局の中古車です。この写真を撮った時、甲府駅前には、同じチームのラッピングバスとなった路線バスがもう1台いました。

画像


 続いてもラッピングバスになった山梨交通の路線バスになりますが、こちらは地元にある競艇の場外舟券売場のラッピングバスとなったキュービックです。山梨交通の路線バスは、いすゞ車が多数在籍していて、ラッピングバスは、サイド・リアのみならず、フロントにまでラッピングされているうえ、ホイールはラッピングと同色に塗られています。

画像

画像


 某HPに、ホマキこと堀北真希さんが写っているケータイ会社の看板とバスが絡んだ写真が載っていたので、私も、それに似た構図の写真を撮ってみました(笑)。この写真に写っているバスは、甲府駅を発着点として、甲府の市街地を巡回する「レトボン」で、旧型シビリアンのエクステリアをボンネットバス風に改造したものです。しかし、この看板、ケータイのニューモデル登場に伴って、近いうちに掛けかえられそうな気がします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは…。
さて、自家用バスではありませんが、いすゞキュービックの3ドア車として、自分が真っ先に連想するのは、京成バス長沼営業所所属の、N126号車(千葉22か4115)でしょうか。
いちばん最後に、私が同車の存在を確認したのは、今年の8月末ですから、今はもう廃車になっているかもしれませんが、一台さびしく、千葉都市モノレールのスポーツセンター駅の、ロータリーに停車していました。おそらく、「勝22」系統に、細々と運用されていたのでしょう。
たしか同車は、京成電鉄佐倉営業所花見川車庫(当時)からの、移籍(?)車…?
フラワー
2009/11/24 22:14
>>フラワーさん
 京成のN126号車のキュービックの3ドア車ですが、私も一昨年の初めに見たことがあります。その時は、海浜幕張駅発着or経由の路線で使われていました。それと、キュービックの3ドアといえば、県内では東京ベイシティ交通も多数導入していましたね。
スーパーT部長(作者)
2009/11/25 22:12
11月15日の収穫 スーパーT部長.net/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる