スーパーT部長.net

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京モーターショー2009(スバル編)

<<   作成日時 : 2009/10/31 18:29   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 スバルのブースで、私が一番目を引いたのは、↓のクルマでした。

画像

画像


 このクルマは、「ハイブリッドツアラーコンセプト」で、その名の通り、スバルの独自開発のハイブリッドシステムを搭載したコンセプトカーです。このクルマは、4人乗りの2ドア車ですが、リアシートの乗員の乗り降りをしやすくするためなのか、ドアは大型のガルウイングになっています。また、シートは1人ずつ独立しています。

画像


 つづいては、電気自動車の「プラグインステラ」です。今回のショーでは、スバルに限らず、あちこちのメーカーのブースにおいて、家庭のコンセントで充電できる電気自動車が目立ちました。

画像


 レース仕様になったレガシイB4、スバルはスーパーGTのGT300クラスに、今年からこのクルマで参戦しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
たびたび、すみません。
スバルの「ハイブリッド・ツアラー・コンセプト」デザインがかっこいいですね。「アイサイト・プラス」搭載で、交通事故を未然に防げるそうですし。
「プラグインステラ」は、「ビームス」によるデザインがおしゃれですね。また、レガシィB4は、お面がものすごいですね。(写真は、マスキングされてますが…)。
さて、ショーとは関係ありませんが、スバルの軽商用車「サンバー」が、他メーカーのOEM供給により、生産中止になるという情報は、本当ですか?RR(リヤエンジン・リヤドライブ)の名車が、消えて行く…。
フラワー
2009/10/31 21:03
>>フラワーさん
 ハイブリッドツアラーコンセプト、もらってきたパンフレットによると、ダッシュボードにモニターが3個並んで設置されていました。それらはおそらく、フラワーさんがおっしゃっている「アイサイト・プラス」用と思われます。
 スバルとビームスは以前から関わりがあって、ちょっと前には現行型インプレッサに「ビームス・エディション」が設定されたこともありました。
 スーパーGTのレースカー、レガシイに限らず、ベース車と比べると全高がかなり低い上に、大幅に手を加えられています。カローラアクシオのGT300用レースカーも、写真のレガシイみたいに低かったし…。
 スバルの軽自動車、今後ダイハツからのOEM供給が進むにつれて、生産中止になる車種は増えると思います。最近では、ディアスワゴンがすでに生産を打ち切られて、アトレーワゴンのOEMに切り替わっています。
スーパーT部長(作者)
2009/11/01 17:15
東京モーターショー2009(スバル編) スーパーT部長.net/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる