スーパーT部長.net

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本自動車博物館 Vol.3

<<   作成日時 : 2009/05/05 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 久々の日本自動車博物館ネタ、今回は映画などに登場して話題になったクルマを中心にお届けします。

画像


 まずは、2代目フィアット500です。このクルマは、アニメ「ルパン3世」シリーズで、主人公の愛車として登場したことで有名です。

画像


 つづいてもフィアット500ですが、こちらは初代モデル(愛称はトッポリーノ)です。このクルマは、映画「ローマの休日」で、ヒロインが街中を乗り回したクルマとして注目を浴びました。

画像


 「大型トラック・バスの街」に展示されていたいすゞのボンネットバス、このバスは映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の収録で使われました。ただし、収録時は写真の状態のままではなく、専用のカッティングシートをボディに貼られていました。

画像

画像


 「いすゞの広場」に展示されていたピアッツアと117クーペ、これら2車種は、イタリア人デザイナーのジョルジエット・ジウジアーロ氏がボディのデザインを手がけたことで有名です。また、117クーペのほうは、1970年代の日本車を代表する傑作に挙げられていて、旧車ファンの人気が高いことでも有名です。

画像


 「マツダの広場」に展示されていた高級セダンの「ロードペーサー」、このクルマはマツダ初の3ナンバーの乗用車でしたが、製造・販売期間が1975年から4年間と短く、販売台数も799台と、かなり少なめでした。

画像


 ロードペーサーの後ろに展示されていた2代目コスモL、このクルマは世界初の実用・量産ロータリーエンジンを搭載した「コスモスポーツ」の後継に当たります。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
皆様、こんにちは。
あの、2代目フィアット500って、映画「ルパン三世」の、確か「カリオストロの城」に出ていた車でしたっけ…。あと、いすゞのボンネットバスは、車体の方の架装メーカーはどちらなのでしょうか?そして、これまたいすゞの、117クーペですが、確か日テレ系のドラマ「あぶない刑事」の最終回で、容疑者の男が乗っていた車ですよね。最後のシーンで、容疑者がどこかへ消えてしまうという、不思議なストーリーだったと思います。
曖昧な知識をさらけ出してしまい、申し訳ございません。それではまた。失礼させて頂きます。
フラワー
2009/05/06 11:43
>>フラワーさん
 2代目フィアット500ですが、ウィキペディアに詳しい解説がある通り、「ルパン三世」の「カリオストロの城」に登場しています。
 いすゞのボンネットバス、検索エンジンで情報を探してみましたが、展示車のボディは金澤車体というメーカーが作ったものと思われます。
 「あぶない刑事」の117クーペ、劇用車をメインに扱う某HPによると、確かに最終回で犯人の車として登場しています。また、同じHPによると、このドラマの別の回で、最終回に登場したものとは別の117クーペが爆破されています。
スーパーT部長(作者)
2009/05/06 19:00
またまた、皆様、こんばんは…。
スーパーT部長さん、毎回各ホームページ等で、情報を調べて下さり、まことにありがとうございます。うれしいです…。
それにしても、いすゞの「117クーペ」を、爆破してしまうとは、今更ながら、セントラル・アーツ(あぶない刑事シリーズの制作会社)さんも、もったいないことをされてしまいましたね…。
それでは、また。失礼させて頂きます…。
フラワー
2009/05/06 21:31
>>フラワーさん
 車ネタに限らず、記事を作るうえで不明な点が出てきたときは、検索エンジンなどを使って調べることが多いです。
 そういえば、「あぶない刑事」に限らず、昔の刑事ドラマなどでは、車を潰すシーンがたくさんありましたね。特に、「西部警察」シリーズでは、日産車が多数潰されてたし…。
スーパーT部長(作者)
2009/05/06 22:30
日本自動車博物館 Vol.3 スーパーT部長.net/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる