スーパーT部長.net

アクセスカウンタ

zoom RSS 国際千葉駅伝における働くクルマ

<<   作成日時 : 2008/11/28 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 今週の初め、千葉では男女混合駅伝の国際大会「国際千葉駅伝」が行なわれました。今回は、その駅伝で使われた「働くクルマ」を何台か紹介しようと思います。

画像

画像


 今回のレースも例年通り、フジテレビ系で中継され、中継車は昨年と同様、フジテレビ・東海テレビの車両(ベースはいずれもいすゞフォワード)が使われました。国際千葉駅伝に限らず、フジテレビ系の駅伝・マラソン中継では、主にこれらの中継車が使用されています。それにしても、最近の中継車は、いすゞ車が目立っている気がします。フジ・東海以外では、日テレ・TBS・テレ朝でも使われているし…。ちなみに、東海テレビの車両の手前に写っているのは、オーストラリアチームの女性選手です。また、東海テレビのフォワードは2年前に導入されましたが、その前は、三菱ふそうファイターを使用していました。

画像


 車列の先頭・最後尾などには、千葉県警のパトカーがいました。この日見たパトカーは、ほとんどが旧型トヨタ・クラウンがベースになっていて、クラウンのパトカーは写真の白黒パトカーのほかに覆面仕様も見かけました。なお、クラウンのパトカーのホイールは、ロイヤルサルーンやアスリートと異なり、スチールホイールとホイールキャップを装着しています。ちなみにホイールキャップは、マークXの下級グレードに付いている物と同じです。

画像


 次も千葉県警のパトカーですが、こちらは旧型トヨタ・エスティマハイブリッドがベースになっています。普通のパトカーとは違うカラーリングをまとったこのクルマは、普段は交通公害検問車として使われているそうです。現時点で、エスティマハイブリッドのパトカーが配備されているのは、千葉県警だけです。余談ですが、警視庁には、旧型エスティマ(後期型)をベースにした白パトが何台か在籍しています。

画像


 バスのほうは、出場選手やスタッフゥー(狩野英孝か!)の輸送に、京成バスシステムや千葉中央バスの車両が使用されていました。写真の千葉中央バスのエルガは、第2中継所(千葉市立美術館)周辺にいたスタッフの輸送に使用されていました。また、写真は撮れなかったのですが、出番を終えた選手の輸送に、京成バスシステムのエアロバスが使用されていました。それにしても、フロントの「ゼッケン」、洗濯して繰り返し使用しているのでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
このネタはonopiもやりたいと
思っていただけに嬉しいなぁ。

一番、驚いたのはエスティマ
ですな。
警察車輌らしくないセンスの
いいカラーリングは千葉県民
として鼻高々です。

ちなみにクラウンは、白の覆面
パトカーに捕まった苦い思い出が
あるので、いろんな意味で
忘れられないクルマです。
onopi
2008/11/30 09:53
>>onopiさん
 エスティマハイブリッドのパトカーは、某ブログによると、主要国道が管轄に含まれている警察署に配備されているそうです。
 クラウンの覆面、旧々型(170系)や旧型は、見た目が普通のマイカーとほぼ一緒で、見分けが付きにくいですよね。ちなみに、この日車列にいたクラウンの覆面も、白い車でした。
スーパーT部長(作者)
2008/11/30 16:31
国際千葉駅伝における働くクルマ スーパーT部長.net/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる