スーパーT部長.net

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京モーターウイーク(スズキ編)

<<   作成日時 : 2008/11/16 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 スズキからは、この秋に登場したばかりの新しいワゴンRとスプラッシュの2台が出展されていました。

画像

画像


 「一番売れている軽乗用車」が謳い文句になっているワゴンRは、今回のモデルチェンジで4代目になりました。写真は、エアログレードの「スティングレー」ですが、普通のワゴンRと比べると、前後のライトとフロントグリルのデザインが異なっています。ちなみに、初代から3代目まで設定されていたスポーツグレードの”RR”は、現行型では設定されていません。また、ワゴンRのカタログには、車のカタログとしては珍しく、コンパクトカーとの経費比較表が載っていました。

画像


 スプラッシュは、ハンガリーにあるスズキの現地法人が製造した車を逆輸入したもので、スイフトのトールワゴンバージョンに位置づけられています。私はこのクルマの運転席に座ってみましたが、スイフトと比べると背が高いため、車内は広く感じました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
スプラッシュは売り方次第では
大化けしそうなクルマですね。

何と言っても値段が軽自動車の
最上級グレードよりも安く
リッターカーが買えるのは魅力。

そのかわり、装備は他社のものより
質素だけど、いらないものまで
付けられるよりはいいかな。

ナビもオプション装備だけど、
後付のオンダッシュのポータブル
ナビで十分だし。

ジブン流にカスタムできる楽しさを
ウリにすれば、販売台数が低迷して
いる国産車の起爆剤になりそうです。
onopi
2008/11/28 20:21
>>onopiさん
 スプラッシュは、本体価格が120万円前後なので、このクラスのクルマでは割安感がありますよね。でも、個人的には燃費をもうちょっと改善して欲しいなぁ、と思います。スプラッシュのエンジンはスイフトと共通であるものの、スイフトの燃費が20.5kmに対し、スプラッシュの燃費は18.6kmなので。
スーパーT部長(作者)
2008/11/29 00:16
東京モーターウイーク(スズキ編) スーパーT部長.net/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる