スーパーT部長.net

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京モーターウィーク(ホンダ編)

<<   作成日時 : 2008/11/12 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 ホンダからは、先月発表されたばかりの新しいオデッセイと、年末に発表が予定されているアコードツアラーが出展されていました。

画像

画像


 新しいオデッセイには、旧型から引き続いて、低床化技術が採用されています。そのため、全高は約155cmと、このタイプの車では低めにできていて、シートに座った感じも普通の乗用車とほとんど差を感じさせません。今回展示されていたオデッセイのグレードは「アブソルート」で、アルミホイールやエアロパーツなどの装備は、このグレード専用のものが装着されています。なお、このクルマのテレビCMには、かつてアメリカのテレビドラマ「ER緊急救命室」に出演していたことがあるジョージ・クルーニーさんが出演しています。

画像

画像


 こちらは、アコードワゴンの後継車種となる、アコードツアラーです。このクルマは、最初に述べたとおり、日本では年末に発表される予定ですが、欧州ではすでに発売が開始されています。なお、このクルマの全長は、4代目アコードワゴンとほぼ同じ(475cm)ですが、幅は184pと、4代目と比べると8p拡がっています。ちなみに、今回展示されていたアコードツアラーは、テールゲートが電動で開閉できるようになっていました。その装備が、標準で付くのか、オプションになるのかは、今のところ不明です。また、ツアラーと同時に、セダンも発表される予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ホンダが久しぶりに気合を入れて
作っただけに、アコードツアラーは
興味津々。

世界戦略車だけに、仕上がり具合は
かなりいいと思うから、オデッセイに
抵抗がある人にはぴったりのクルマ。

発売前だから、はっきり言い切れないが
買って後悔しないクルマだと思います。
onopi
2008/11/17 08:32
>>onopiさん
 最近のステーションワゴン(2000cc以上)って、生産・販売が打ち切られる車種が相次いで、選択肢が少なくなってしまっていますが、その中で登場するアコードツアラー、評価と売れ行きが気になります。
スーパーT部長(作者)
2008/11/18 20:54
東京モーターウィーク(ホンダ編) スーパーT部長.net/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる