スーパーT部長.net

アクセスカウンタ

zoom RSS 長南の7HD

<<   作成日時 : 2008/04/22 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 先週の始め、会社の用事で千葉に行った帰り、千葉駅で↓のバスを目撃しました。

画像


 このバスは、小湊バス長南営業所の富士重7HD(シャーシ:いすゞLV、ナンバー:袖ヶ浦200 か ・633)で、私は以前、この車両を営業所で見たことがあり、その見たままをこのブログで紹介したことがありますが、この日は、千葉駅発白子車庫行き(白子急行)の運用に就いていました。但し、専用の行き先表示は今のところ用意されてないため、前・横の行き先表示機に「小湊鉄道」と表示したうえ、フロントガラスの外から見える位置に行き先を書いた紙を置いていました。なお、以前このバスを紹介した後で、ある方からこの車両に関する情報を頂きましたが、それによると、この車両は私の想像通り、潮浜車庫からの転属車で、潮浜にいた頃のナンバーは、「千葉200 か ・・51」とのことでした。また、今回の転属に伴い、それまで白子急行などで使われていた別の7HD(シャーシ:日産ディーゼルRA、ナンバー:袖ヶ浦200 か ・260)が現役を引退しています。

画像


 これが、260号車の写真です(この写真は昨年5月に敷地外から撮ったものです)。260号車は元々は貸切車でしたが、のちに、行き先表示機を増設するなどして路線車に格下げ改造されています。小湊の前期型7HDの中には、このように路線車へ格下げ改造された個体が260号車以外にも数台存在していました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。はじめましていつも拝見しています。質問なんですが、小湊の前期の7HDのリアスタイルは後期の7HDと共通ですか?変な質問ですみません。
るる
2009/02/05 20:55
>>るるさん
 はじめまして、アクセスありがとうございます。
 小湊の7HDのリアスタイルは、前期(貸切車によく見られる)と後期(アクアラインバスでよく見られる)で異なります。まず、リアウインドーの面積が前期では広いのに対して、後期では狭くなっています。また、リアのコンビネーションランプは、前期では窓の下に付いているのに対して、後期ではナンバープレートの下に付いています。
スーパーT部長(作者)
2009/02/06 20:34
どうも…。
さて、この「袖ヶ浦200か633」号車ですが、先週の水曜日(25日)に、JR千葉駅周辺で現車を即座に確認した際、前面に行先表示器が装備されていましたよ。
でも、側面の方はまだのようで、例によって、白紙に、「千葉〜サンライズ九十九里〜白子車庫」と、サイドウィンドウに貼り紙が…。
それにしても、「サンライズライナー」と呼ばれる同路線は、季美の森経由になってから、本数と乗客が、飛躍的に増えましたね。ある日の夕方の、JR千葉駅東口4番乗り場には、乗客の方々が列をつくって、バスを待っていらっしゃいましたよ。
フラワー
2009/11/29 17:23
>>フラワーさん
 633号車ですが、白子行きの専用幕、フロントだけでなく、サイドにも用意されています。この点については、このブログの記事「3月15日の収穫」でも触れています。
 白子行き、運行開始の頃は3往復だったのが、今では9往復に増便されているので、それなりに需要があるのでしょうね。でも、土・日・祝日は定時運行が確保できているのかどうかも気になります(これは白子行きに限ったことではないが)。
スーパーT部長(作者)
2009/11/29 23:40
長南の7HD スーパーT部長.net/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる