スーパーT部長.net

アクセスカウンタ

zoom RSS 歴代スカイラインの展示イベント その3

<<   作成日時 : 2007/08/10 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 銀座ギャラリーには、現行型(V36)のセダンと、今年の秋に発売が予定されているクーペの2台が展示されていました。

画像

画像


 まずは、クーペのほうからです。クーペには、歩行者と衝突してしまった際に、エンジンフードを浮かせて頭部への衝撃を緩和する新技術「ポップアップエンジンフード」が搭載される予定です。ボディのデザインは、個人的に見て、V35型を引き締めたような感じがします。

画像


 こちらは、現行型のセダンです。この車のイメージキャラクターには、渡辺謙さんやイチロー選手が起用されています。最近のスカイラインは、ラグジュアリーカーの色合いが強くなったような感じがします。

画像

画像


 場所は再び本社ギャラリーに戻りますが、こちらの一角には、スカイラインが登場してからこれまでの間に流行したものや、重大ニュースの年表が展示されていました。

画像


画像


 本社ギャラリーでは、土曜・日曜・祝日に、ニューモデルが30分間無料で試乗できるサービスが提供されています(私は利用しなかったが)。この日は、スカイラインのほかに、ムラーノやデュアリスも用意されていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
歳をとって気が付いた事ですが、スカイラインという
クルマは国産車の中でも歴史もあるし、独自の哲学や
世界観がある事に。

そんな国産車は他にあるのかというと、フェアレディZ、
NS-X、S2000、RX-7くらいです。

スカイラインがこれからも国産車のイメージリーダーで
いてほしいものです。
onopi
2007/08/22 19:59
>>onopiさん
 いろいろとコメントありがとうございます。m(_ _)m
 今の乗用車って、スカイラインのように昔から長続きしているものって少ないですよね。あと、50年以上続いている車といえば、トヨタ・クラウンもありますよね。
スーパーT部長(作者)
2007/08/22 22:09
歴代スカイラインの展示イベント その3 スーパーT部長.net/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる