スーパーT部長.net

アクセスカウンタ

zoom RSS 小湊に最後に入った7E

<<   作成日時 : 2007/02/25 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 昨日は、氷室京介のコンサートツアーの機材を運ぶ大型トラックのほかに、↓の写真も撮りました。

画像


 写真のバスは、小湊バスの富士重7E(シャーシ:UD)で、一見すると、大きな特徴はなさそうに見えますが、実はこの車両は、小湊の7Eでは最終グループ(2000年導入)に属しています。1980年代終盤以降、小湊では多数の7Eを導入してきていて、「バスマガジン」の特集のテーマにもなったことがありますが、写真の車両が属するグループをもって、導入は打ち止めとなりました。
 富士重7Eは、UD・いすゞ・日野・三菱ふそうの4社のシャーシに架装されていて、素人目ではシャーシメーカーの判別が難しいのですが、最終グループの車両は、UDシャーシ・いすゞシャーシの2種類しかない(日野・ふそう向けの架装は1999年前後に終了している)ため、最終グループの車両は、公式側のルーバーの有無で判別が可能です(ルーバーがあるのはいすゞ、ないのはUDとなる)。
 最終グループには、ナンバーが「千葉200 か ・324」となっている写真の車両の他に、いすゞシャーシの車両1台(ナンバー:同 ・326)も属しています。
 写真の車両には、両サイドにブリジストンのタイヤの手描き広告が入っていますが、このタイプの広告を入れるなら、思い切ってラッピングバスにしたほうがよいのでは?、と思うのは私だけでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

普段、何気なく見ている小湊バスって「バスマガジン」にも
取り上げられるほど、いろんなバスを持っているんだ。
スゴイぞ小湊バス。

と同時にバスの世界は奥が深いですね。

ラッピングバスは見た目もカラフルで楽しいですが、
ず〜っつ昔から見ているこの色が好きです。
答えを出すのが難しいですよね。

スーパーT部長さんから質問をいただいた
自動車雑誌の撮影に使われた場所は
幕張ベイタウンの一角なんですよ。
onopi
2007/02/26 08:00
>>onopiさん
 私は、生まれたころから小湊バスのテリトリーに住んでいるので、このカラーのバスは、ほぼ毎日目にします。ちなみに私が小学生だったころ、社会科見学などの時には小湊の車両がよく来ていました。
>自動車雑誌の撮影に使われた場所は幕張ベイタウンの一角なんですよ。
 私は、建物の並びを見て、ある程度の予想はしていましたが、見事に的中しました(笑)。
スーパーT部長(作者)
2007/02/26 20:55
こんにちは。塩田の7Eはめっきり減りましたね・・・。車体とシャーシの関係・・・難しいですが覚えると楽しいですよね♪(笑)塩田から消えるの時間の問題でしょうから、塩田管轄内での撮影をしたい車種のヒトツです。
セドグロ
2007/03/09 11:37
>>セドグロさん
 確かに、塩田が担当している五井駅・八幡宿駅発着の大型車使用路線は、最近では主にエルガ/BRUが使われることが多くなったため、7Eを見かける機会が激減しました。そのため、撮影の際は、「見かけたらラッキー!」と思うほうが良いかもしれません。
スーパーT部長(作者)
2007/03/09 21:16
はじめまして。この前は私のblogにおこしいただき、ありがとうございました。とりあえずお返事を書いておきましたのでよろしかったらどうぞ。
小湊はついこの前まで千葉駅に来るバス会社の中で「古いバスばかり」というイメージがありましたが、今では7Eもあまり来なくなりましたね。最近九十九里鉄道に移籍した7Eもあるみたいで、移籍も含めて更に数が減っていきそうな気がします。
…。
2007/03/25 09:57
>>…。さん
 コメントの返事と私のブログへのアクセス、ありがとうございます。
 確かに、小湊バスは塩田・姉崎・潮浜への新車の集中導入によって、U代の7Eなどの古いバスの長南への転属が進んでいますよね。しかし、姉崎・潮浜(いずれも本来は袖ヶ浦ナンバーの管内)の路線車がなぜ千葉ナンバーを付けているのかが気になります。
スーパーT部長(作者)
2007/03/25 11:55
小湊に最後に入った7E スーパーT部長.net/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる